総合病院の特徴

理学療法士の職場として挙げられるのが、総合病院です。総合病院では理学療法士は医師の指導に基づき看護師と協力しながらリハビリを行います。退院後の生活改善の指導をする医療ソーシャルワーカーとも連携をしていきます。総合病院の職場では、理学療法士は医療チームのリハビリ実践者として活動することになります。

総合病院のリハビリには、手足の骨折などの術後回復のための整形外科疾患者のリハビリ、脳卒中等による身体機能の回復を目指す中枢神経疾患者のリハビリがあります。いずれにしても、患者は突然のアクシデントで総合病院に搬送されてきた人たちです。元々身体不自由があったわけではありません。今までできていたことが突然できなくなり、患者自身もご家族のショックも大きいものです。その不安に寄り添う精神面の支えになるのも理学療法士の役割。総合病院という職場ならではの役割です。ただ、チーム制ですから、医師、看護師、医療ケースワーカーたちのメンバーと共に解決していける心強さがあります。

チームワークで患者と家族を支える総合病院の特徴は、リハビリテーション、老人ホーム施設、訪問型介護センター、身体障害者施設といった職場にも共通する特徴です。他のスタッフたちと、密な情報交換ができるコミュニケーション力が活きてきます。また、高齢者と不随状態の患者や障害者との1対1のコミュニケーション力も重要です。ゆっくりと大きな声で話し、相手が理解できたかどうか、根気強くも優しく対応できる性格や今までの経験が活かせる職場でもあります。